JAPANESE / ENGLISH

ブログ

Blog

2017.11.23

ホンダ フォルツァSI

普段通勤で1年半ほど乗っているバイクですが、写真が無いので会社の裏で撮りました。

ツーリングに行きたいと思って、ナビゲーション取付のステーを自作したり、
バイザーやリアケースを取り付けたりしています・・・が、

そうこうしているうちに冬が来てしまったので、お預けにして
来年こそは、ツーリングに行って楽しめればいいなと考えています。

どこが良いかな・・・


横浜事業所 生産部 佐藤

2017.11.15

ここが私の・・・

「アナザースカイ」というテレビ番組が好きでよく観ています。
芸能人や各方面著名人が「こころのふるさと」や「自身の転機となった場所」を「アナザースカイ」と称して再び訪れて振り返る、というバラエティーとドキュメンタリーを混ぜ合わせたような番組です。

2005年5月、長らく健康を患っていた状況から回復してきてようやく動き回れるようになってきたことから久しぶりに海外旅行へ行くこととしました。
場所はアメリカ、グランドサークル。
グランドサークルとはグランドキャニオンをはじめ、ザイオン国立公園やモニュメントバレー、アンテロープキャニオン等一帯を含めた呼称です。
そこでは、圧倒されるスケール、神秘的な景色、インディアンのスピリチュアルな文化・風土に触れ、
ただただ感動しっぱなしでした。
地球の活動が生み出したダイナミックな大地を歩き、延々と続くハイウェイをバスの中からずっと眺め続けながら、いろいろ思慮をめぐらしていたことを思い出します。

今あらためて振り返ってみて、あの場所が私のアナザースカイかな、と思ったりします。
価値観の多様性やまだまだ知らない世界や景色が世界中にいっぱいあるのだと、
新鮮で、ポジティブな気持ちにさせてくれた旅でした。
またいつか訪れたい場所ですし、多くの人におすすめしたい場所でもあります。

写真は車好きの憧れ、ルート66沿いの寂れたカフェ。
こんなところもさえも素敵に見えました。


名古屋事業所デザイン室 竹村

2017.11.10

お酒のお供に

大阪事業所 生産部の松田です


趣味の一環として時間があるときは料理をしております。
今回はクリスマスも近いので簡単に出来るお勧めのお酒のお供をご紹介したいと思います。

材料
フランスパン
バター
カニミソ
とろけるチーズ
バジル

まず、フランスパンを薄くスライスします。
そしてほんの少しだけ先にオーブンで焼いておきます。
小さいお皿にバターをティースプーン1杯入れ電子レンジでバターが少し柔らかくなるまで温めます。
そこにカニミソ(こちらはお好みによりますが、私はティースプーン半分程度です)を入れて混ぜ合わせます。


混ぜ合わせたカニミソバターを、先ほど少し焼いておいたフランスパンに塗り、その上にとろけるチーズをお好みの量を乗せてチーズがとろーっと溶けたぐらいまでオーブンで焼き上げます。

出来上がりにバジルを少々散りばめましたら完成です!

カニミソとバターのコクと、チーズの蕩け具合がとてもワインやビールなどに合いますのでお暇な時にでも是非お試しください。

2017.10.20

リンクスにて

先日、静岡県の伊豆にあるゴルフコースに行ってきました。

ここはTV東京系列『ゴルフの女神』のOP映像にも使われていて
「アメリカのゴルフ誌で世界の名コース100選」にも選ばれているとても綺麗なコースです。

前から気になっていて一度は行ってみたいと思っていたのですが、
今回行ってみて本当に満足できるコース、
まさに『天空に囲まれた異空間』でした。

リンクスとは、ゴルフ発祥の地スコットランドで一般的に言われる
海沿いにあって立木が非常に少なく自然の地形を生かしたコースの事です。

ここは実際、海沿いではなく山の頂上にあるリンクスを模した感じのコース
なのですが、初めてのリンクスの雰囲気に感動してしまいました。

我がユージンの社員の中にもゴルフ好き?の社員も何人かいるので、
もし行ける方がおられましたら、ココ、お勧めです!!

これからもお勧めあったらまたアップしていきます。


横浜事業所生産部 深澤

2017.10.11

アクア・トト ぎふ

先日、家族で岐阜県にある「アクア・トト ぎふ」に行ってきました。
ここは世界最大級の淡水魚水族館で、
木曽三川・長良川の源流から河口までと、メコン川やアマゾン川といった世界の淡水魚や水辺に生息する両生類、爬虫類を展示しています。

以前から興味はあったのですが、子供がそろそろ楽しめるかなと思い行くことにしました。
いざ館内に入ると、子供は食い入るように魚を見て「サカナ、サカナ」と言いながらガラスにへばりつき終始楽しそうでした。
私自身も、海水魚のような華やかさはないですが、オオサンショウウオを見てこんなのが日本にいるのかと感心したり、
世界の淡水魚の大きさに驚き、楽しい一日を過ごすことが出来ました。
展示スペースは程よい大きさでルートを行ったり来たりすることもなく、子供づれが多いことからバリアフリーになっていて、見学しやすい水族館でした。

大阪の海遊館や名古屋港水族館もとても良い水族館ですが、たまには一風変わった水族館も良いですね。
近くにお越しの際はぜひ行ってみてください。

名古屋事業所生産部 吉村